「継続は力なり」を頭髪で実践してきた、私の友人

私の友人は、20代前半から髪が薄くなりはじめて、そのころから抜け毛・薄毛に悩んでいました。ニューモ育毛剤は効果なし

普段お互いに冗談を言い合っている仲ではありますが、頭髪のこととなると彼は、やたらムキになって怒っていました。

それほど抜け毛は、彼にとって深刻な問題でした。

しかし、彼がそのころから始めた習慣がありました。

それは「髪を洗った後、抜け毛予防のスプレーをかける」ということです。

スプレーの銘柄にもこだわり、某大手メーカーの育毛剤ブランドのものを、いつも使っていました。

ただスプレーをかけるだけでなく、しっかりと頭皮をマッサージすることも欠かしませんでした。

そして30代になり、彼の頭からは髪と髪の隙間から、次第に地肌が見えるようになってきました。

そこで彼はヘアースタイルを変え、短髪にするようになりました。

彼曰く、その理由として「できるだけ湿気にくくする」ことと、「風通しをよくするため」、「薄くなっても分かりにくい」ためだそうです。

30代になっても、抜け毛予防のスプレーをかけて、頭皮をマッサージする習慣は欠かさず続け、スプレーも同じ商品を使用し続け、水際で粘り続けました。

そして40代後半の今、彼の頭髪は、30代のころの状態を保っており、まさに「継続は力なり」を頭髪で実践してきたと言わざるをえません。