私が筋トレをはじめて感じたこと

私は去年から筋トレを始めました。職業柄、室内でずっとパソコンに座って作業する時間ばかりが続き、これは身体に悪いだろうと思ったのがきっかけです。いままでもはじめようかと思ったことはあったのですが、私自身は太っているわけでもなくなまじ運動には自信があった分やろうと思わなかったというのもあります。

鍛神(きたしん)を辛口評価!人気HMBサプリの効果と私の口コミ!

ただ私は根っからの怠けもの。もしあまり本格的なものからはじめていたら、3日とせずに投げ出していたかもしれません。そこで導入したのが、”ズボラ筋トレ”なるものでした。2日1回、10分程度簡単な動作をするだけというもので、これならできそうだということではじめました。

こういうズボラな取り組みは不思議なもので、怠けものな私でも続きました。そうやって2カ月3カ月取り組む内に物足りなくなり、ちょっとずつメニューを追加していくことにしたのです。なにか負担がちょうどよさげなメニューはないものかと探しました。そこで知ったのがアイソメトリックというトレーニング方法でした。

アイソメトリックとは、ブルースリー等の著名人も愛用したことで知られる静的な筋緊張を活用したトレーニングで、自重トレーニングや器具を使用したものに比べて簡易的に取り組めます。

取り組み始めてから数か月ほど経つと、ただ細いわけじゃなく、きちんと身体全体が締まるようになってきたのです。

筋トレというとどうしてもハードなイメージがありますが、「塵も積もれば山となる」という格言があるように、小さいことを積み重ねるだけでも効果があることを知れました。筋トレに限ったことじゃありませんが、自分にあった方法を見つけることの重要さを実感できる、よい機会になったと思います。