同じ姿勢が続く場合にはエビのように体をそらしてリラックスしましょう。

長時間、同じ姿勢のままでいる事は体への負担になります。

立ち仕事などで、立ったままの姿勢が続く場合には、足への負担が大きくなりますね。

歩き疲れてふくらはぎや足首に疲労が蓄積してしまいます。

限界に達してしまうと、足が棒のようだと言いますが、そうならないためにも適度な休憩や足を動かすことで、むくみ改善の効果が期待できます。http://www.nicolavincent-abnett.com/

また、座ったままの姿勢でも、体に負担は掛かります。足への負担は少ないですが、今度は首や腰といった別の箇所に疲れが溜まりやすくなります。そんな時には、ストレッチが重要です。デスクワークなど座っている時間が多い場合には、休憩時間には体を伸ばすことで首や腰などの疲れを軽減する効果かがあります。

ゆっくりとした動きで硬くなっている体を少しずつ解した後には、体も心も軽くて楽なものに変わると思います。そうした動きの中には体を大きく反りかえらせる、エビ反りがありますが、実は海に住んでいるエビとも関係があります。

エビは突然の出来事に驚いた時や自分の身に危険が迫っていて、遠くへ逃げる必要があると思った時に体を反らしながら、勢いよく跳ねるのですが、その様子からエビ反りとなっています。

エビもまさか、自分の名前が付けられているとは思ってもいないはずなので、それを知った時には驚きつつも、少し自慢げになるかも知れません。最後には、つい嬉しくなって本当のエビ反りを見せてくれると思います。