朝を克服する為に出来ること

低気圧で朝が苦手な人、疲労が蓄積していると、あと5分10分寝ていたいと思いますよね。

誰にでも苦手なことの一つや二つはあると思いますが、場合によってはそれを克服することも出来るので、ずっと変わらないというわけでもありません。

例えば、朝起きるのが苦手という方でも克服の為に出来ることがあります。セノッピーは効果なし?

朝起きるのが苦手な場合は、親や兄弟などに起こしてもらえるようにお願いするのも一つの手段ではないでしょうか。もちろん、毎日起こしにいくのは大変ですよね。決まった時間に起こしてもらうことで少しずつ時間の感覚を体に覚えさせていきます。

一人暮らしの場合には、目覚まし時計や携帯電話などのアラーム機能が役に立ちますが、その置き場所には少し注意が必要です。手を伸ばすだけで届いてしまうと、鳴った後に止めてしまいます。

目覚まし時計や携帯電話などは、しっかりと起きてからでないと止められない場所に置くようにしましょう。これで効き目が薄くなることもなく、朝を知らせるという本来の役割を果たすことが出来ます。

朝起きるのが苦手だったとしても、これからも繰り返していくことを考えてみると克服しておくこと自体に損はありません。いつ始めても遅いということはないので、変わらないことよりも変わることを選んで頂きたいと思います。

寝る前のスマホ、パソコンの利用することで、脳が覚醒するため寝付きが悪くなります。

アルコールを飲みすぎてしまうと、眠りの質の低下が下がってしまいます。

週末疲れているからといって、まとめて睡眠をとるのではなく、寝る時間・起きる時間を平日と同じ時間帯に合わせることで、睡眠の質が向上します。

私も朝苦手なので、上記のように参考して克服したいと思います。