急かさず、でも諦めず

 我が家の一人息子は小学生。いつの間にこんなに大きくなったんだろう。【驚愕】セノッピーの3ヶ月間の効果を暴露!効かないという口コミ・評判は嘘?小学生の息子がなんと…

 離乳食が始まった生後5カ月。なかなか食べてくれなくて、頭を抱えた。料理初心者だった私。毎日頑張って手作りしてたけど、今思うとあれはおいしくなかったのかもしれない。小学生になった今、私の料理の腕は上がったものの、息子の好き嫌いは多く、完食までの時間が長い。そのせいか、体重もなかなか増えない。

 以前、友人に「細すぎ!ちゃんと食べさせてる!?」と大声で言われたことを、未だ根に持っている。私も息子も、「細い」と言われることにいつしか敏感になっていた。「言葉が遅い」や「成長が遅い」と同様、体重が増えないことを気にしている親子もいるのだ。「太いね」は言いにくいのに「細いね」は簡単に口に出す文化が嫌いだ。食べさせていないわけがない。急かさないでみたり、好きなものばかり作ってみたり、色々試してみたが効果はいまいちだ。

それでも、5歳頃からは残さず食べるようになった。それだけで大きな成長を感じている。それでいい。息子のペースで大きくなってくれればいい。15年もすれば父親に似て、何でも美味しいと笑って幸せそうに酒を飲む大人になる未来が見えている。さて、明日は何を作ろうかな。