歯の黄ばみを取る方法

皆さんは自分の歯には自信はありますか?

毎日、きちんと磨いているけれど、黄ばみが気になるといった悩みがある方に

自宅でも出来る、歯の黄ばみを落とす方法を、ご紹介したいと思います。

歯の黄ばみの原因は、遺伝によってもともと黄色い、タバコのヤニが歯の表面に付着した、加齢によって象牙質の黄ばみが表れる、飲食物によるステイン(カレー・コーヒー・赤ワインなど色の濃い食品)などがあげられます。

ブレスマイルクリアの販売店は?薬局やドラッグストアで購入可能?

黄ばみを取る方法は、重曹を水で薄めた物を歯ブラシや指につけて2分以上歯を優しく磨く。週2回位から始めて、徐々に間隔をあける。

オレンジの皮の内部の白い部分を歯の黄ばみの気になる所に当ててマッサージをする。

レモンには漂白作用があるので、レモン汁を口に含んでクチュクチュとゆすぐと多少歯着色汚れが取れる。レモンは酸性なのでゆすぎ終わった後はしっかりとお水で口をゆすぎましょう。

歯専用の消しゴムを使用する。毎回使うと歯を傷つけてしまうので、週一回程度が効果的です。

以上で「歯の黄ばみを取る方法」でした。

原因がカレー・コーヒーなどは納得できますが、遺伝性もあるとは驚きました。

黄ばみで悩んでいる方は、上記の方法を試していただき是非、白い歯を手に入れてください。

狭い車内で溢れるニオイ

以前、営業職で一緒に回っていた男性上司の口臭がとてもひどく辛かった思い出があります。ブレスマイルクリアは市販で購入可能?薬局やドンキでの取扱を調査!

上司の口臭の酷さは有名で、本人も知ってか知らずかフリスクやガムなどを頻繁に食べるのですが、それがまた口臭と混じって新たな種類の不快感を伴うのです。

彼が食べ物を口にすると、それがもれなく口臭と混じり合ってなんとも言えない臭いなります。

その臭いというのも一括して表せないというか、臭い正体がわかってしまうのでしばらく凹んでしまうというか・・・。

例えば一緒にコーヒーを飲みに行ったら、コーヒー混じりの口臭。

お昼にお蕎麦を食べたらお蕎麦混じりの口臭。というように、こちらが次にそれを食べたくなくなるほどのパワーを持っているのです。

なのでお昼にお蕎麦を食べて、食後のコーヒーとタバコを一服。さらにこれからお客様に会うとなると、ここでフリスクの登場です。

この時点で彼の口臭がベースとなった4種類の複合の悪臭が完成されます。

その彼と仕事の話をしながら狭い車内に閉じ込められるので、ちょっと遠い営業先だとしょっちゅう車に酔ってしまっていました。

そんなとき彼が私に差し出してくれるのはグリーン仁丹でした。具合悪さ倍増です。

彼の車の灰皿には柑橘系のつぶつぶが入っていて、その臭いも車にしみついたたばこの臭いももう何もかも気持ち悪くてとても辛かったです。

よく臭いと記憶は密接な関係があると聞きますが、思い出すと今でもちょっと気持ち悪くなってしまいます。