サウナで素敵な発汗ダイエット

普段生活のなかで自分の体型を気にするかたも多いのではないでしょうか。素敵な体を自分で楽しんで作っていくことは運動やその他のダイエット方法を組みわせることでも可能となります。充実した時間を送っていくには、普段からランニングや水泳やマラソンなどの有酸素運動を効果的に組みわせることも大切ですが、普段からなかなか運動をする習慣がないようなかたにはやはりサウナや岩盤浴を上手く使って発汗で上手くダイエットをすることも大切です。ハグミーは効果なし?ナイトブラHugmeを購入して使った口コミ&評価!

普段の自分の生活をより素敵にするには、美しいプロポーションをいつまでもキープすることも大切です。普段からサウナを仕事の終わりに活用することで健康的な体でいつまでも自分らしく楽しんでいくことができます。岩盤浴では高い効果を得ることができます。

温泉に浸かることや普段から家で過ごす時間を大切にすることも健康的な生活を考えるうえでは大切ですが、やはり、サウナや岩盤浴を上手く使っていくことも健康的な体を作っていくうえでは欠かせません。

汗を上手くかくことで体中の老廃物を上手く流していくことができますので、このような使い方をしながら、家で適度の筋トレなどを組みわせることできちんとした体作りをおこなっていくことができます。週末の仕事が終わってからの効果的なストレス発散にもなりますので、是非、習慣づけてみてはいかがでしょうか。

ポルノグラフィティの不思議さに、揺蕩う。

最近また、ポルノグラフィティの好きな曲、うたかたを聴いてみた。かげろう、夜光虫など、アゲハ蝶のときみたくここでもやっぱり羽のあるものが出てくるし、この曲も愛おしさを揺らめかせながら全体的に吸い込まれるような不思議さが伴っているように感じる。

「夜の海に光を灯す青い夜光虫」と来て「旅人が辿りゆく道しるべなのか」とシメているところとか、「あまた、幾千、うたかたと消えた・・・」と来てから「想いを空へと放って燦々と浴びてみようか」とあるところ、夜光虫やかげろうなど羽のあるものが飛び交うように空に放つようにも思える気がする。

ともあれ、こういう幻想的でありながらもリアルな痛みや愛おしさを絡めての恋歌を創るのが、ポルノグラフィティの真骨頂というか見せどころだと思う。今更だが、こういう歌詞はてっきりハルイチが作詞したかと思いきや、あと後になって昭仁の方が創った歌詞だと知った(笑)。というか昭仁の方がむしろこういう作詞に長けているんだなぁと。

「薄明り這いつくばっても」辿り着きたい恋の歌。歌詞に表現され、投影されたあちこちから、叶わぬ人を想うことを止められないどうしようもなさが押し寄せてくるのが伝わってくる一曲だ。曲の最後が「せめてしんと眠りに就かせて」と締めくくられているところといい、この曲も最後の最後まで「うーん、いやぁ、こりゃポルノグラフィティだねぇ~」に尽きる(笑)。

秋口にこういう曲に「揺蕩う」のもまたよしなうたかたなのだった♪

楽しく働いたもん勝ちなのかもしれない

今月も無事、いつものお給料日がやってきた。毎度のことながら、これまでにひと仕事をしてきた報いを受け取る、重みのある瞬間だ。

この頃は仕事をするのが楽しく、もちろんそれ自体大変なんだけど大変さ以上にやりがいや「またひとつやったぞ!」という達成感の方が呑み込んでしまっている感じがする。それはヒーコラ言ってヘトヘトになりながらも帰宅後は笑っていることが多いことにも表れていると思う。

一人でも誰かのお役に立てている実感、好きなこと、やりたいことができていてそれぞれに色形&個性の違ういろんな仲間やお客様との出会いも楽しくて私はそれなりに幸せなんだろうなと思いつつ、仕事を続けている今日この頃。

振り返れば何やかやもう今年も終わりに近づいてきている今に在って、大事なのは本当に、いくら稼いだとか手当がどうの以上のところにあると感じるばかりだ。大事なのは自分の持ち味で人の役に立ちながら、なるべく楽しんだり楽しもうとする能力も含めて総じてつらさや大変さを自分なりに乗り越えていく力をつけていくことだと、切に感じている。

いいことばっかり言われる世界ではないし、趣味や遊びではないから楽しいことばかりではない。それでも、今のお仕事を通して徐々にでも自分の可能性の開拓と成長することに貪欲であり続けたい。

絶対入刀出来ないバースデーケーキ

食用インキのプリンターで好みの写真をケーキにしてくれるサービスを利用して自分のバースデーケーキを注文しました。

写真に使ったのはスマートフォンのアプリをいくつか駆使して合成してさもラブラブツーショットのように加工した大好き過ぎて崇拝しているアーティスト様とのものです。

対面の販売店ではとても発注出来ませんが、インターネットとスマートフォン、Apple社とスティーブ・ジョブズ氏に感謝するほかありません。アプリでササッと注文出来るのです。

同じ大きさのケーキをデパ地下やケーキ屋さんで買うよりは送料含めて少々高く付きましたが、それはそれ、世界唯一のケーキですからそのくらいかかって当然です。

いざケーキが届き、解凍して見ると、写真がそのまま貼り付けたかのように真ん中にありました。

ここで初めて「誤算」に気づきました。

まず、ろうそくが立てられません。いや、立てることは出来るのですが、溶けた蝋がわたしか彼にかかることを考えると立てることが何だか罰当たりな気分になります。

次に、普通のケーキ切り分けのようにすると、やはりわたしや彼の顔にナイフが刺さるとか、わたしと彼の仲を裂くようにナイフを入れるしかないとか、とにかくどう切れば縁起かいいのかなどと考え過ぎてしまい、結局写真部分以外のみ食べた状態で今日で解凍3日目となりました。

今日は潔くろうそくを灯し、蝋が溶ける前に回収してから写真部分を食べるしかありません。

ママ友ランチは楽しいけど頻度がストレスになっていました

私は結婚してから引っ越しをしたので、友達と呼べるような人が近くにいませんでした。他のママ友たちが仲良さそうにおしゃべりしているのを見て、ちょっとだけうらやましく感じたりしていました。

私も仲の良いママ友が欲しくて、地元のちびっこイベントに子供を連れて参加したりしていました。一応ママ友はできたのですが、ママ友ランチが頻繁にあり正直しんどくなっていました。月一くらいなら楽しめるけど、ランチ会が週一・カフェ会が週二のペースであるんです。家計の事もあるし、出費が気になって全然楽しくありませんでした。

でも先日、公園で知り合った同世代の可愛らしい雰囲気のママと仲良くなり、状況は一変しました。そのママは、子供連れで外食なんて年に数回しかないんだそうです。理由は外食のものは栄養価が低く高カロリーだし、子供に外食グセがついたら教育上良くないからとの事でした。

私はなるほどと、妙に納得してしまいました。心の中のモヤモヤがちゃんとした理屈になって返ってきたので、スッキリした感じでした。私も自分がこのままずーっと外食ばかりしていたら癖になって辞められず、家計を圧迫しストレスが溜まるなって考えていたんです。でもせっかくできたママ友を失いたくないから、家計の事は何とかなると言いくるめてランチ会に参加していました。そして、外食もできないくらい金銭的に余裕がないんだって思われるのも嫌だったんです。

ママ友達とのおしゃべりは、楽しいし息抜きにもなります。でも頻度や金額に悩まされているなら、思い切って断ち切るのも手だと考え直しました。もっと自分に合ったペースでママ友付き合いできる人を、時間をかけてちゃんと探そうと思いました。